【開催案内とお知らせ】第9回世界双極性障害デー・フォーラム

2024年3月30日(土)に開催される第9回世界双極性障害デー・フォーラムに双極はたらくラボ編集長 松浦が登壇します。

今回のテーマは「双極性障害と働く」

松浦が登壇することもあり、双極はたらくラボでは全面協力しています。

当事者主体の座談会など、新しい試みをしている今年のフォーラム。本記事では、開催概要や参加方法を紹介します。

世界双極性障害デーとは?

双極性障害に対する理解を深め、社会的スティグマをなくすことを目的されており、双極性障害を患っていたとされるファン・ゴッホの誕生日が3月30日だったことにちなんで制定されました。

開催概要

第9回世界双極性障害デー・フォーラム
テーマ:双極性障害と働く
日時:2024年3月30日(土)13:00~14:30
会場:Web開催(Zoomウェビナー)
定員:500名 ※事前のお申し込みが必要です
入場料:無料
主催:日本うつ病学会
※本イベントのアーカイブ配信はありません

内容

テーマ1:症状と付き合いながら働くのは難しい?当事者による座談会
司会:双極はたらくラボ編集長 松浦秀俊(一般オープン/双極性障害Ⅱ型/男性40代)
登壇者:当事者3名

  •  一般オープン・双極性障害Ⅰ型・女性30代
  •  一般クローズ・双極性障害Ⅱ型・男性30代
  •  障害者雇用・双極性障害Ⅱ型・男性60代

テーマ2:専門家と当事者による質疑応答

司会:琉球大学精神病態医学講座 高江洲義和 氏
回答者:座談会司会・登壇者4名/順天堂大学医学部精神医学講座 加藤忠史氏

参加申し込み方法

事前のお申し込みが必要です。下記URLから申し込みフォームにアクセスし、お申し込みください。

参加申し込みフォーム
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_lw4WG3HpR_uHrtiQBnG3Ig

申込期間

2024年2月5日(月)~3月22日(金)
※定員(500名)になり次第、受付は終了いたします
※お電話での申込は受け付けておりません

【お問い合わせ先】
 日本うつ病学会事務局(株式会社コンベンションリンケージ内)
 E-mail :jsmd(at)secretariat.ne.jp
     ※ (at) は @ に置き換えください

LINE公式アカウントの限定情報を受け取ろう!

双極はたらくラボのLINE公式アカウントでは、登録者限定の情報を配信しています。

  • LINE限定YouTube動画「23年12月実施の双極性障害についての企業講演」「双極はたらくラボfesイベント2本」「編集長が語る”双極と働く”」の計4本をプレゼント中
  • 月1回のLINE限定YouTubeライブでは、双極はたらくラボの企画会議や双極に関するQ&Aを実施
  • 「双極性障害×働く」に役立つ限定イベントを不定期でご案内
  • 対象者に向けたアンケートなど協力のお願いなども

少しでも興味のある方は今すぐ以下をクリックし、友だち追加しましょう。

LINE公式の友だち追加はコチラ
※簡単に登録できます

関連記事一覧