• HOME
  • ラボ
  • 動画
  • 【動画】双極性障害の当事者が語る 仕事(転職・起業・休職)、症状(軽躁・うつ)、家族(遺伝の可能性)について

【動画】双極性障害の当事者が語る 仕事(転職・起業・休職)、症状(軽躁・うつ)、家族(遺伝の可能性)について

「双極はたらくラボ」のYouTubeチャンネルを本格始動します。

今回は松浦(編集長)の自己紹介です。松浦は双極性障害Ⅱ型の当事者で、メンタル疾患を抱えた方の復職支援の仕事を10年ほどしてきました。(精神保健福祉士/公認心理師の資格あり)

うつ病を発症し、双極性障害に診断変更されて今に至るまでの17年間を双極性障害と働くをテーマに振り返りお伝えする動画になります。

一当事者の事例から、ちょっとした働くヒントをみつけてもらえたら嬉しいです。

【チャプター】

  • ごあいさつ
  • 自己紹介(出身、父と疾病、仕事、家族)
  • 双極性障害とは(症状、うつ病との違い、治療方針)
  • 1期 溺れる(軽躁の初期症状、独立して出版、転職と休職と離職)
  • 2期 背伸び01(軽躁の対処、ピアサポーター、チャレンジできない?)
  • 2期 背伸び02(地に足をつける、新規事業の頓挫)
  • 3期 再挑戦01(希死念慮、通院&服薬再開、退職がよぎる)
  • 3期 再挑戦02(ネットで実名発信、新規事業の再提案、今の働き方)
  • 未来について(双極はたらくラボの未来、遺伝の可能性)

双極性障害で働くヒントを

関連記事一覧