有名人による双極性障害の公表【編集ゆるトーク】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部が双極はたらくラボに還元されることがあります。

双極はたらくラボの編集部は3名で構成されており、全員が双極性障害の当事者。「編集ゆるトーク」は、あるテーマについて3名それぞれが思うところを自由に語り合う企画です。
気軽に読んでいただけたら嬉しいです。

さんご 
何回か転職して今の会社は14年目。2014年に初めて休職し、2018年に双極性障害と診断。(働く工夫レポート協力者
ひとこと よく行くところは映画館、美術館、図書館で、国内外の旅行も好きです。今は自粛中のため、代わりに散歩をしまくっています。

事務の人 
転職や起業などを経て現在は株式会社リヴァで勤務。2007年に初めて休職し、2012年に双極性障害と診断。
ひとこと 趣味は野球観戦、読書です。コロナ禍を機に散歩の範囲を広げたところ、最高に相性のいい書店を発見。今は通い詰めています。

松浦
21歳の時に双極性障害を発症。20代で転職3回休職4回を経て、リヴァの社会復帰サービスを利用。のち、2012年に同社入社。
ひとこと 定期的に料理を作りたくなる衝動がわき、最近は息子の5歳の誕生日にホールケーキを作りました。

情報を鵜呑みにしない目

松浦
松浦

最初のテーマは「有名人が双極性障害を公表すること」についてですが、双極性障害の有名人と言えば、誰が思い浮かびますか?

テレビをあまり見ないので有名人は思い浮かびませんが、画家のゴッホが双極性障害の可能性があると言われていることは知っていました。

あとは「どくとるマンボウ」の北杜夫さんが、躁うつをテーマに本を書いていたことを知っている程度です。

ゴッホについては、原田マハさんの「たゆたえども沈まず」という小説を読みました。

事務の人
事務の人

双極性障害という切り口の話ではありませんが「ゴッホが双極性障害の疑いがあるといわれると、確かに納得」と読みながら思いましたね。

ゴッホは活動的なときと、引きこもりに近い状況を、何度か繰り返しています。同じ画家であるゴーギャンとの言い争いの末、衝動的に耳を切るように、何かのきっかけで不可解なことをしてしまう人だったようです。

原田マハさんの小説を読んでいると、葛藤と憂鬱を繰り返していたんだなと思いました。

事務の人
事務の人
松浦
松浦

小説を読んだのは、ご自身が双極性障害の診断を受けた後ですか?

はい。ただ、自分の症状がひどかったのは読んだ時より昔なので、読みながらしんどくなるようなことはありませんでしたね。

事務の人
事務の人
松浦
松浦

さんごさんは双極性障害の有名人についてどう思いますか? 

本当にその人が双極性障害かどうか、不正確な情報が多いと思いますね。

噂レベルの内容が多くて、本人が公表した形跡もないのに「双極性障害と言われています」と不正確な情報で語られている人たちがたくさんいます。

情報を鵜呑みにしない目を持つことが大事ですね。自分も当事者として、間違った情報によって周囲の人から誤解されるのは嫌です。

自分がされて嫌なことを有名人に対してするような、レッテル貼りみたいなことはしたくありません

双極性障害の有名人だと、話題に出た北杜夫さんや絲山秋子さんなどの作家が思い浮かびます。

さんご
さんご

北さんの場合はご自身もお医者さんですし、双極性障害を自覚して本を書いています。

私達が生まれる前に当事者による本が出版されていたのは、ありがたいですよね。

事務の人
事務の人
さんご
さんご

貴重なコンテンツだと思います。

松浦さんはどうです?

芸能人の情報をチェックしていました。最初に読んだのが、確かマライア・キャリーさんの記事です。

遠い存在の芸能人である彼女が公表してくれると、親近感がわきますよね。

ただ、ニュースはすぐに流れてしまうから、芸能人の公表によって病気の理解が広まるのは難しい印象です

松浦
松浦

配慮により活躍できることは
「受け入れられている」ということ

登録者数が何十万人以上のユーチューバーの方々が、ある日突然、双極性障害を公表することがあります。

松浦
松浦

動画で公表する時には「躁うつ病」と表現する方が多いです。双極性障害というワードだと伝わりづらいのかもしれませんね。

また、芸能人の公開記事だと書き手によって情報が割愛されてしまう場合もありますが、インフルエンサーの方は、自らの判断で記事や動画を作成できますよね。

そのため、今まで知られていなかった双極性障害の実際の情報が伝わりやすい。彼らの発信が伝われば、双極性障害がより正確に認知される可能性はあるかもしれません。

最近は、障害をオープンにする人が増えつつある流れを感じますね。「絶対隠さないといけないもの」という風潮が変わってきたのではないかなと。

松浦
松浦

僕が好きな野球チーム「千葉ロッテマリーンズ」の永野将司選手は、広場恐怖症であることを公表しています。

広場恐怖症という名前ですが、永野選手の場合は電車や新幹線など、密閉された降りられない乗り物に乗るとパニック症状が出てしまいます。

永野選手が所属するパ・リーグは北海道から博多まで球団があるのですが、永野選手は飛行機や新幹線での移動が難しく、遠征できないところもあります。

でも、障害を理解してもらった上で、選手として契約されています

本人がカミングアウトした当初は、世間からは「全国へ遠征に行けないピッチャーを指名してどうする」と批判されました。

事務の人
事務の人

パ・リーグでは関東に2球団と仙台に1球団あり、これらの球団には自分で運転する車で移動ができることが分かりました。これにより、全試合の半分以上に出られることが分かったんです。

配慮してもらえれば活躍できることは「受け入れられている」ということだと思います。

パニック障害のイメージから永野選手は「人に注目されるとパニックになるのでは」と思われていました。

実際は、広い場所で注目されることは平気で電車や飛行機での移動ができないだけ。自家用車での移動はできるんです。

事務の人
事務の人
松浦
松浦

自分でコントロールできるものは平気なんですよね。

はい。こういった公表により「こう思っていたけど違う」と、障害への誤解がなくなるといいですね。

公表は、プラスのイメージがつくことばかりじゃないはず。でも、少しずつ病気の詳細が知られていくのはいいことです。

事務の人
事務の人
松浦
松浦

双極性障害でもⅠ型とⅡ型の差がわからない場合、躁状態になると危害を加えるイメージを持つ方もいますしね。

<「当事者が双極性障害を開示すること」へ続く>

LINE公式アカウントの限定情報を受け取ろう!

双極はたらくラボのLINE公式アカウントでは、月に3、4回ほど登録者限定の情報を配信しています。

  • 月1回の限定YouTubeライブでは、双極はたらくラボの企画会議や双極に関するQ&Aを実施
  • 「双極性障害×働く」に役立つ限定イベントを不定期でご案内
  • 編集前のYouTube動画などの表には出ないコンテンツもお届け
  • 対象者に向けたアンケートなど協力のお願いなども

少しでも興味のある方は今すぐ以下をクリックし、友だち追加しましょう。

LINE公式の友だち追加はコチラ
※簡単に登録できます

YouTubeやTwitterをフォローしよう!

YouTubeチャンネルでは「双極性障害で働くヒントがみつかる」をテーマに、月3,4本の動画を公開。チャンネル登録をして更新情報を受け取りましょう。

YouTubeチャンネルの登録はコチラ

Twitterでは双極はたらくラボのWebメディアやYouTubeの更新情報を中心にお届け。フォローをして、双極はたらくラボの最新情報を受け取りましょう。

Twitterのフォローはコチラ

関連記事一覧